So-net無料ブログ作成
検索選択
掃除機 ブログトップ

ルンバ メンテナンス♪ [掃除機]

さてさて、一日まったりな月曜の午後、ルンバ君を
解剖してみましたのでご報告を。

先日、軽いメンテナンスをしていると、ルンバの隙間から
少しだけ中を覗く事が出来ました。

・・・ぬぇ〜。
なんかのシャフトに髪の毛がめっちゃ絡まってるぅ(つД`)・゚・

きっと、このままじゃ良くない!!
と、ルンバ君の解剖を決心したわけです。

DSC01994-1.jpg

赤い矢印のビス4本を外すことで、前部のグレーの部分のカバーを
外す事が出来ます。

紫色矢印のビス8本を外すことで、本体の白い部分のカバーを外す
ことが出来ます。

DSC01986-1.jpg

中にはセンサーやら配線やらがゴッチャリです。
抜いたり、切ったり、折ったりしないように気をつけて、弱い掃除機
カメラとかに使うブロアーでホコリを飛ばしてやりましょう。
そして、問題の絡まった髪の毛。。。中央部分のモーターから延びた
シャフトにめっちゃ絡まっています。
DSC01990-1.jpg
お見苦しくてすみません。

カッターやはさみを使って、周囲の配線等を切らないように気をつけて
絡まった髪の毛を取り払いました。

なんか、モーターの開口部が大きくて、

DSC01990-2.jpg

そこにゴミが入らないか心配ですが、とりあえず、そこには触れず、
ゴミを全部取り除いて白いカバー→グレーのカバーの順で再び
組み立てて完了です。

グレーのカバーは取り付け・取り外し共にちょっとコツが要ります。
そういう作業が不慣れな人は触らない方がイイと思います。


ここの記事はすべて自己責任で作業しています。
参考になればと思い、ここに掲載しておりますので、
この作業を行った場合の、損害・損失・事故・故障等は
一切その責任を負いませんのでご了承ください。

ルンバの解剖も自己責任で!!(ノ°O°)ノ*


Hacking Roomba (ExtremeTech)

Hacking Roomba (ExtremeTech)

  • 作者: Tod E. Kurt
  • 出版社/メーカー: John Wiley & Sons Inc (Computers)
  • 発売日: 2006/11/30
  • メディア: ペーパーバック



お掃除ロボットROOMBA(ルンバ)の弱点 テキパBH-680さん登場! [掃除機]

電池も交換し、すっかり元気なロボッ子ルンバ君ですが。。。

実は彼には困った所があります。
それは。。。
「ロボットのなのに、人間の言う事を聞かない」
という所。具体的に言えば。。。
目の前の、「掃除してほしいポイントになかなか
行ってくれないのです。(; ̄□ ̄ …

リモコンで誘導する事は可能なんですけど、いまいち
便利じゃないです。
SPOT」というボタンが有って、特定の場所だけ掃除する事も
出来ますが、なんとなく面倒。

もちろん、普通の掃除機を持ってくれば良いんですけど、それだと
労力が惜しい(;´▽`A``

そこで、新たな仲間の登場です!

DSC01984.jpg

NATIONAL BH-680 ふきとりテ・キ・パ さんです。
クイックルの手軽さと、小型掃除機の利便性が合体した優れものです♪

DSC01992.jpg

しかも軽くて、クイックルワイパーを使ってるのそんなに変わらないです。
いつも、クイックルで取りきれないゴミにイライラしてましたが、
赤いスイッチを足でポチッとするだけで、裏側の回転ブラシが回って、
ゴミを掻き込んでくれます(o^∇^o)

DSC01993.jpg

電源は単3電池4本で、ルンバのバッテリー改造で余ったエネループ
4本がここで役に立ちました♪
ルンバ君の手に負えない、階段の掃除もこれで楽々♪
箱に書いてある「コードなし掃除機」がイカしてます!!
「コードレス」じゃなくて、「コードなし」ですよ、奥さん。

既に生産中止(たぶん)な所が惜しいです。。。





ルンバのバッテリー交換(補足) [掃除機]

ルンバにエネループを!!!

The eneloop is put in the roomba!!!


そう言えば、忘れておりました。
会計報告です♪

エネループ12本 (8本2480円+4本1480円) 3960円
4本用電池ボックス 1個200円×3個         600円
導線用熱収縮チューブ(ダイソーで購入)         105円
----------------------------------------------------------------------------------------
                           4665円 

普通に、純正の交換用バッテリーは10000円ほどするので、予算的には
大成功のようです♪ 

バッテリーの持ちですが、60分以上連続動作してくれています。          

!!再度バッテリー劣化で悩めるルンバつかいさま達にご注意!!


ここで紹介させて頂いた作業はあくまでも自己責任で行っております。

これの記事を読み、改造を施した結果の火災、爆発、事故、故障等に

付いて著者は一切の責任を負いかねます。よろしくお願い致します。



プロローグ
その1
その2
エピローグ


iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 560

iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 560

  • 出版社/メーカー: iRobot
  • メディア: ホーム&キッチン









掃除機達の挽歌 [掃除機]

DSC01980.jpg

ルンバ   あ。先輩、おつかれっす。
先輩掃除機 おぅ。お前が来てからすっかり暇になっちまったなぁ。


なんて会話をしているかは分かりませんが。
ロボッこルンバ君、メンテナンス中はこんな感じです、
掃除機を掃除するために、掃除機を使う・・・
って、なんか不思議ですねぇ(^_^;)

DSC01979.jpg

ルンバ君のウラ側。。。見ないで、イヤン・゚・ ((/ω\*))・゚・


以下、ルンバまとめw

○ルンバは電気プラグのコード、配線、カーペット等に弱いです。絡まります。
 なので、掃除前に片付けが必要です。。。
 すると、あら不思議。ルンバの掃除の他に、自分でする片付け効果で
 家が綺麗に保たれてしまうのです♪
 掃除機に、掃除させられてる感じ?( *´艸`)

○ルンバはカワイイです。飼い主に従順です♪飼った人の8割は名前を
 つけてるって噂があるとか。*不確定情報w

○メンテの手間はありますけど、家を出る前に、スイッチを入れて、
 家に帰ると床が綺麗になっているのは、いつも感動します♪

○たまには、自分で掃除をする事が必要です。
 ルンバに完璧を求めないで、温かく見守れる人なら満足度は高いですよ♪


電気屋さんで、実演してるとこが結構有ったり。わが町「綾瀬」から近いところだと、
ケーズデンキ湘南藤沢店の掃除機コーナーに2匹ほどいたりします。
ぜひ見てあげくださいねw

って、なんの宣伝だこれ?(・_・。)

iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 560


お掃除ロボット「ロボッコ」ルンバの反乱 その2 [掃除機]

ルンバにエネループを!!!

The eneloop is put in the roomba!!!

ロボッコルンバ君のバッテリー、開腹手術の開始です。
まず、バッテリーのネジ8本を外します。(ありゃ、写真がどっかに消えた・゚゚(;´Д`)・゚゚)
ネジ穴が三角形のネジです。。。

DSC01974.jpg
こんなの開けるドライバーなんか、一般家庭にあるかーっ!!!

と、軽く切れてみたのですが、本当はやっちゃいけない事を自分が
やろうとしているってことを思い出したり Σ(; ̄□ ̄A …

ネットで見ると、六角のレンチが使えるらしいので、使ってみたら、
ネジ頭をグニっ・・・_( ; -_-)/|
その後、悪戦苦闘30分。
なんとか、マイナスの精密ドライバー2本を駆使して外しました。

これで中身が取り出せるかと思いきや、なんか、この分割のつなぎ目、
接着剤かなんかで思いっきり付いてますが。。。_( ; -_-)/|

Pカッターで電池の横腹にある、つなぎ目の部分を、ガリガリ
切っていきます・・・。
切って切って切りまくって、、ある程度のところで、マイナスドライバーを
突っ込んで強引にグギギギギギギギギギギギ(^ω^# )

DSC01961.jpg
なんとか、プラスティック部分を割らずに。電池の取り出し成功!!
DSC01959.jpg

仮組したら中は電池で一杯になりそうなので、中のわけの分からんスポンジも撤去!!
DSC01960.jpg

DSC01963.jpg

元の電池よ、新しい電池に、素直に場所を明け渡すのだぁ!!!

DSC01964.jpg

エネループ12本セぇット!!
DSC01965.jpg
元の通りに配線して、ハンダ付けじゃい!!もうね、かなり強引ですよw

DSC01969.jpg

ぎゅぅぎゅぅ内蔵を戻して、蓋をします♪
あ。なんか少し収まりきってない。。。けど。。。大丈夫だよね(o^∇^o)

三角ネジ穴のビスは普通のプラスのネジに交換!これで、次はエネループを
入れ替えるだけでOKっ!

DSC01976.jpg
うぃぃぃぃぃ〜っと、ロボッコルンバ。復活ぅ!!
作業後、動かしたらあっという間に電池が切れたんで「ありゃ、失敗?」って
思ったんですけど、その後充電して動かしたらなんか、元の電池より
駆動時間的に長持ちしますよ・・・。

元の電池のスペックは電池一個あたり1.2V 3000mA でエネループは1.2V 2000mA
という事で性能が下がったはずなのに。。。

元の電池、どんだけ劣化していたんでしょうかねぇ。。。(;´▽`A``


!!バッテリー劣化で悩めるルンバつかいさま達にご注意!!


ここで紹介させて頂いた作業はあくまでも自己責任で行っております。

これの記事を読み、改造を施した結果の火災、爆発、事故、故障等に

付いて著者は一切の責任を負いかねます。よろしくお願い致します。


正規保証のある方は、ぜひ正規ルートでルンバ君を直してあげてくださいね。


ドライバービットセット100

ドライバービットセット100

  • 出版社/メーカー: VELLEMAN
  • メディア: エレクトロニクス



お掃除ロボット「ロボッコ」ルンバの反乱 その1 [掃除機]

今日のロボっコ。ホームベースでお昼寝中。 
DSC01977.jpg
もちろん、自動で家に帰れるコです♪

さて、昨日書いたロボっコのストライキですが・・・

バッテリーに満充電しても、1分程しかお掃除してくれなくなりました。
動き出すとすぐに、バッテリー切れの赤ランプが点灯し、かなしい
バッテリー切れのミュージックが鳴り響きます。。。

なんで??まだ4ヶ月しか使ってないのに。
電池の寿命はメーカー公称でも実際の使用者の話でも1年ほどと言われています。
純正交換用バッテリーは約1万円。出来れば、余計な出費は抑えたいところです。

こまめに掃除&メンテナンスはしていたので、ゴミなどによるセンサーや動作の
異常は考えにくいのです。いちおう掃除してみましたが改善しません。
ネットでいろいろ調べてみたところ、バッテリーの使い方次第で、
寿命が極端に短くなってしまったりするようです。
そこで、バッテリーの「メモリーリセット」をしてみる事にしました。

■Roombaのバッテリーのメモリーリセット
 ネットで調べると、人によっていまいちやり方が違うようですが。。。
 電池を使用後などに、そのまま放置したりすると、充電の電圧をバッテリーが
 誤認して、満充電できなくなったりするらしいです。
  1・バッテリーを抜く
  2・本体の電源スイッチを60秒押しっぱなしにする
  3・半日後、バッテリーを装着して充電を行う

・・・ダメでした。

こうなれば、最後の手段(最後が早すぎる)です!

DSC01958.jpg

ばば〜ん!! 必殺エネループっ! 電池ボックス!!

DSC01973.jpg

デザインナイフ! Pカッター

DSC01971.jpg

半田ごて! ニッパー!!

DSC01972.jpg

ハンダ付け用フラックス(酸化剤)!!

DSC01968.jpg

ネジ!!

さぁ。何をするかは、だいたいお分かりでしょうか・・・?
そうです。ロボッコちゃんに新たなエネルギーを搭載しようという
素敵な試みの開始です♪





SANYO eneloop 電池スペーサー付充電器セット N-TG6SET

SANYO eneloop 電池スペーサー付充電器セット N-TG6SET

  • 出版社/メーカー: 三洋電機
  • メディア: エレクトロニクス






SANYO ソーラー充電器セット 「eneloop solar charger」 N-SC1S

SANYO ソーラー充電器セット 「eneloop solar charger」 N-SC1S

  • 出版社/メーカー: 三洋電機
  • メディア: エレクトロニクス



サンヨー            エネループオールインワンセットN-TG12SET

サンヨー            エネループオールインワンセットN-TG12SET

  • 出版社/メーカー: サンヨー           
  • メディア:



ルンバでふっかーつっ!!(ノ°O°)ノ*.オオォォォォォォォー [掃除機]

ルンバ♪ルンバ♪

みなさま、おひさしぶりです。ぶらたつ@綾瀬、so-netに帰って参りました。
季節は巡り巡って、ダラダラ過ごす夏ももうすぐ終わりですね。

ブログをオヤスミしている間に、いろいろとございました。
よって、しばらくネタには困らなそうです♪

今回は、オヤスミ中にうちにやって来た素敵なメイドさんの最近を。。。♪


ちょっと色白で小柄なメイドさん♪
彼女の名前は『ルンバ・スケジューラー』さん。
中国生まれ、アメリカ育ちです。

一日働き続けても、文句を言わない素晴らしいメイドさんです(^_^)


DSC01967.jpg

で、彼女の正体ですが、i-robot社のRoombaというお掃除ロボットです。
本当は、「エスプレッソマシン」を買おうと思っていたのに、気がついたら
これを買っていました。性能に、半信半疑でしたが、

「何か面白いものを買いたい!!」

という異常な欲求をこの娘にぶつけてしまいましたw

この時期のルンバには日本国内では2種類、「ディスカバリー」と
タイマー予約が出来る「スケジューラー」がありました。

我が家の「白いマシン」は本来「ディスカバリー」のもので、スケジューラー君は
青色のはずです。正規輸入品は、国内保証がきちんと整備されていますが、
非常に高価なため、今回はアメリカモデルでしかも返却品をメーカーで再整備した
いわばアウトレットモデルをネットオークションで安く入手したんです♪

そうしたら、なぜかスケジューラーなのに、白いルンバが手に入りました。
白い方が本当はよかったので、嬉しい結果なのですが♪♪

この娘を購入したのは去年の年末の話ですが、本格的に活躍をしたのは4月末。
今まで約4ヶ月ですが、とっても活躍してくれています。
おかげで、床に関してはいつも綺麗な状態で保たれています。

掃除に関しては全自動ですが、楽ばかりしていられるわけではなく、3回に一回の
ゴミ捨てと2週に1回は簡単な本体のメンテナンスを欠かしません。

そんなにメンテナンスを必要としているわけではないようですが、人間にかわって、
せっせと部屋を綺麗にしてくれている様子を見ていると、愛着がわいてしまって、
ペットをかわいがるように、ルンバをかわいがってあげたくなるから不思議です。
それに、長く働いてほしいですからね。
こうなってくると、「名前」もつけてあげたくなりますが、気がつけば

「ロボッコ」

なんて色気も素っ気もない名前が家族によって付けられていました。。。(p_q、)シクシク

と、4ヶ月間愛情を注いでかわいがっていたロボッコちゃんですが!

・・・ここで、彼女はいきなりのストライキに突入したのでした・・・


iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 560

iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 560

  • 出版社/メーカー: iRobot
  • メディア: ホーム&キッチン



掃除機 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。